ジェットスターの福岡空港ターミナルの利用方法

第1ターミナル閉館で出発カウンターが第2ターミナルに

市街地からのアクセスに便利な福岡空港!そんな福岡空港からジェットスターを利用するなら、これまでは第1ターミナルに向かうというのが基本でしたよね。

ですが、LCC各社が使用していた第1ターミナルビルは2016年10月4日に閉館されました。

現在、国内線全方面の出発カウンターは第2ターミナル1階に集約されています。

つまり、ジェットスターもJALやANAとほぼ同じ場所でチェックインできるようになったんです!これは便利ですね。

第2・第3ターミナルビルの名称は「国内線旅客ターミナルビル」に変更されているので、迷わないためにも覚えておくと安心です。

ちなみに、福岡空港の到着ターミナルは南北に分かれています。

到着場所は空港ホームページのフライト情報で確認できるので、福岡到着の方はチェックしておきましょう。

ジェットスターの搭乗手続きは出発30分前までに済ませよう

福岡空港でのジェットスターの利用手順は、他の空港と基本的には同じで、チェックイン→保安検査→搭乗という流れになります。

ただし、福岡空港の場合は出発時刻30分前までに、ジェットスターのチェックイン手続きが締め切られます。

うっかり乗り遅れた…なんてことにならないよう早めに手続きを済ませましょう!

搭乗手続きは第2ターミナル1階の出発カウンター、または空港に設置されている自動チェックイン機にて行います。

事前にウェブ・チェックインを済ませている方は、手荷物を預けてそのまま出発口へ向かいましょう。

チェックインを済ませたら、2階の保安検査場でセキュリティチェックを受け、便名を確認して搭乗ゲートへ進みます。

LCCが多く発着する福岡空港はいつも混雑しているので、とにかく早めに搭乗手続きを済ませておくのがおススメです!